2021年11月30日

スバル初王者

B1D1439E-E606-4753-847A-456081C1A86F.jpeg
29日の東京中日スポーツ8面からです。

記事一部抜粋です。

GT300クラスはランキング首位で、ポールポジションを獲得したR&Dスポーツの井口/山内組か3位に入り、初の年間王者に輝いた。

初めてのチャンピオン争いで、最後まで攻めの姿勢を貫いた。
クラス4番手を維持すれば初タイトルが決まる終盤も、チーム無線で「プッシュ!プッシュ!」と指示が飛んでいたという。
「気合で前に行くのがスバル」と小澤総監督。
山内が期待に応えてグッドスマイルを抜き、今季4回目の表彰台を獲得して堂々と王座に就いた。

レガシィの頃から応援してきたので何年になるか分からないけど嬉しいです。

ミニカー買わなきゃ。

posted by ugougo-ukyo at 04:00| 北海道 ☔| Comment(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする