2017年01月03日

ベストプレープロ野球2016〜2017シーズン(39試合経過)

B26FD1CE-177B-41F9-9BD7-26DEAF0C685E.jpg
年末年始の休みに入ると同時に開幕したベストプレープロ野球2016〜2017シーズンです。
今回は侍ジャパンに対抗できる2チーム(F:フーズフーズ→日ハム+ロッテ、R:レールウェイズ→ソフトバンク+オリックス+楽天)を編成しました。
戦力的にはその3チームが首位争いを繰り広げると考えていましたが…何と巨人が首位です。

やはり、オフのFAで加入した山口、森福、陽の3選手と元々の内海、マイコラス、杉内、大竹選手の安定した先発陣と3番村田、4番クルーズ、5番ギャレットの強力打線がちゃんと働いているのが理由のようです。

C05F9E5D-B376-4BEE-A42F-29C1EC36B0D9.jpg

で、我が「第3新東京フューチャーズ(NT)」はBクラスの8位です。
思っているよりかは善戦しているかと。
先発陣が試合を作れずに序盤に失点してしまうケースが多く、中継ぎに負担が掛かってくるという弱いチームにありがちなパターンです。

と、言っても弱いチームで上位のチームに勝つのがこのゲームの面白さです。

引き続き、この休み中にシコシコと楽しみたいと思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445500019
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック