2017年06月04日

【中日】歴代最少33本で2000安打 荒木

EAD16EB2-2E2A-4E1B-84DD-D1D41D3BCFC9.jpg

今日(4日(日))のスポーツ報知プロ野球面から(記事一部抜粋)

中日・荒木内野手が、史上48人目の通算2000安打を達成した。
楽天戦の4回1死で、美馬から右前安打を運んだ。
入団時は線が細く非力だった95年の外れ外れドラフト1位が、名手として鳴らした守備と走塁にとどまらず、打撃でもプロ22年目にして金字塔を打ち立てた。

▼・・・熊本工出身で達成は川上哲治、前田智徳と3人目。出身高校別ではPL学園の6人に次ぎ、2番目の多さ。


我が心の母校である熊工出身の荒木内野手が2000本安打を達成しました。

入団当初から存在は知っていましたが、まさか達成するとは思っていませんでした。
シーズンの打率成績ももっとも上位に入った年でも06年の10位(.300)でした。
今は選手寿命が長くなった事も記録達成の要因だと思います。


また、今シーズンは多くの選手が2000本安打を達成しそうなのもありますが、スポーツ報知の記事はちょっと小さいかな〜と思いました。

ちなみに一面は早実の清宮選手が高校通算99本目のホームランを放って、100号に王手をかけた記事でした。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック