2017年06月17日

ベストプレープロ野球2016〜2017シーズン2(日本シリーズ第5戦)

FEE936AD-83DB-455A-B63A-0B52E26DF77B.jpg

この試合も筒香(横浜)の一発に泣きました。涙

日本シリーズMVPももちろん筒香です。
22打数9安打3本塁打7打点でした。

反対に戦犯はルナ(広島)です。
14打数0安打0本塁打2打点と全くの期待はずれに終わりました。

3B557379-09B2-49D0-9C33-AB015B05ABB3.jpg

さて、試合の方ですが…
先発投手は侍ジャパンが石田(横浜)、新東京が黒田(広島)です。

先制したのは侍ジャパン、2回表に鈴木(広島)がソロホームランで先制、4回表にはフィルダースチョイスで2点目をあげました。

侍ジャパンが同点に追いつかれた8回表には筒香(横浜)のツーランホームランで勝ち越し。

第3新東京フューチャーズは8回裏に3連打で1点差まで追い上げましたが、あと一歩及ばずに侍ジャパンが4対3で第3新東京フューチャーズを下し、日本シリーズを制しました。

○対戦成績は侍ジャパンが圧勝でしたが、第2戦以外は僅差の試合でなかなか面白かったです。
第1戦 J7対6NT
第2戦 J6対1NT
第3戦 NT4対2J
第4戦 NT2対3J
第5戦 NT3対4J

昨年のシーズンで引退した選手や自由契約になった選手で編成したチームが侍ジャパンとほぼ互角で戦えたのは痛快でした。


次は今シーズン開幕の段階で1軍に入っていない選手で編成する「フューチャーズ」でシーズンを戦いたいと考えています。
そして、今回は侍ジャパンは編成しないつもりです。

その場合、フューチャーズを編成する都合上、1チームを潰さないといけないので…

楽天とオリックスの再合併をしたいと考えています。
多分、優勝候補ですね。汗

もともとはオリックスブルーウェーブと近鉄バファローズから今のオリックスと楽天になったので、まぁそーなるかな〜と

こうやってチームを編成するのもベストプレープロ野球の楽しみなのです。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック