2021年11月02日

インパル11年ぶり王者

A8707196-09C6-48C4-82D6-B1CF02F3029F.jpeg
1日の東京中日スポーツモーターエクスプレス面からです。

記事一部抜粋です。

星野一義監督率いるインパルが華麗な復活を成し遂げた。
予選の劣勢を跳ね返して平川選手が2位、関口選手が4位につけ、11年ぶり8度目のチームタイトルを獲得した。

名門チームにとって久々の頂点。
74歳になった闘将は「肉体的にも経済的にも厳しい状況ながら、本物のレースの素晴らしさをファンに見せたくてレースを続けてきた。トヨタの豊田章男社長も「おめでとう」と言ってくれたし、また来年も頑張ります。」まだまだ健在の「星野節」を高らかに響かせた。

ドライバータイトルは大差で野尻選手が獲得しましたがチームタイトルは2ポイント差の僅差での決着になりました。
星野一義監督も11年ぶりのチームタイトルに喜んでいるようです。

posted by ugougo-ukyo at 04:00| 北海道 ☔| Comment(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。