2017年09月19日

ベストプレープロ野球2017シーズン(122試合終了)

8AD7361F-3520-4467-9497-662C5671A3B2.jpg

本当のプロ野球も両リーグともに優勝が決まったところですが、私のライフワークのベストプレープロ野球の2017年シーズンも遂に終盤になってきました。

122試合終了して、ソフトバンクがマジック6と優勝間近です。

前回アップしたのが83試合経過時でその時との比較をすると…

◯ソフトバンクホークス
121試合  68勝43敗10分、勝率.613
80試合  41勝30敗9分、勝率.577

◯ 41試合 27勝13敗1分、勝率.659

・第3新東京フューチャーズ
122試合  57勝51敗14分、勝率.528
83試合  38勝36敗9分、勝率.514

・39試合 19勝15敗5分、勝率.543


ソフトバンクが14勝貯金したのに対してフューチャーズは4勝しか貯金できないなら勝てないですね。涙

2位は確保出来そうですが、油断せずにシーズン終了まで楽しみたいと思います。





2017年09月14日

【日本ハム】武田久 退団 中日が獲得調査へ

666BCA0D-F0AD-4BC0-816A-FF319CB8FBF7.jpg

13日の道新スポーツより一部記事抜粋

小さな守護神が、チームを去る。
武田久が12日、今季限りでの退団、他球団で現役続行を目指すことが明らかになった。
球団からは現役引退を希望。
新たなプレーの場を模索する。


同じ道新スポーツのコラム「佐藤春佳のスポーツブレーク」でも「秋風とともに野球界に飛び交う「整理」各球団の戦略外候補の人選は…とあるように、いよいよ戦力外通告の秋がやってきました。

武田久選手も何度か我がフューチャーズの選手になっていましたが、いよいよフューチャーズでの最後登録になるかもしれません。

記事にあったように中日が獲得すれば谷元投手と日ハム継投が見られるかもしれませんね。


2017年09月10日

【阪神】鳥谷 2000安打

306F1345-65CC-4AB3-A925-C26BA3ED7675.jpg

9月9日(土)スポーツ報知最終面から記事抜粋です。

阪神・鳥谷内野手(36)が、8日のDeNA戦の第1打席で史上50人目となる通算2000安打を達成した。
あと1本に迫って迎えた一戦は2点を追う2回無死一塁、井納から右中間を真っ二つに破る適時二塁打を放った。
歴代2位の連続試合出場も1877とした猛虎の鉄人が、プロ14年目で名球会入りを果たした。

鳥谷選手のイメージはやはりショートですが最近はサードでの試合出場のようですね。
昨シーズンは不振でしたが今シーズンは8日時点で規定打席にも到達して、打率.301とセリーグで6位と好調です。
今シーズン2000安打に到達した中日 荒木選手、巨人 阿部選手に比べてまだまだ現役で活躍しそうです。

私が買っている新聞かスポーツ報知なので、誌面の最終面ですが、デイリースポーツならやっぱり一面なのかな?

2017年08月23日

ベストプレープロ野球2017シーズン(83試合終了)

5F3F0A01-4244-4A48-9836-1B28A3C9255F.jpg

前回アップした時は、楽勝でリーグ優勝しちゃうかも…なんて事を書いたような気もしますが…汗

苦戦中です。汗

投手陣が崩壊してしまいました。

で…
6連敗、3連勝、3連敗等々

なかなか波にのれないチーム状況です。

打線も快調だった大谷(日ハム)の当たりが止まってしまいました。
ただ川端(ヤクルト)が好調になってきたので得点力はそこそこあります。

まだシーズン残り53試合あるので、何とか優勝できるように頑張ります。


2017年08月17日

イースタンリーグ公式戦 日ハム対巨人

CA169F86-A0E8-4F29-AAF3-B688C5CCD1AA.jpg

12日(土)に士別市ふどう球場で行われる予定だったイースタンリーグ公式戦 日ハム対巨人ですが、雨の為に試合開始前に中止になってしまいました。

で、球場で配られていたチラシに日ハム、巨人それぞれの道北遠征参加選手が載っていたので、私が見たかった選手をリストアップしてみます。

◯巨人
・投手 戸根、高木勇、高木京
・野手 賽松、吉川尚、脇谷、岡本、藤村、ギャレット、松本、堂上

◯日ハム
・投手 石井、高梨
・野手 大嶋、杉谷、大累

巨人では藤村(ピノ)が見たかった。
せっかく道北に来てくれたのに〜来シーズンはどうなるか分からない、かなり瀬戸際っぽいんだけど…

日ハムだと杉谷だなぁ



で、試合中止が決まった後に急遽、ハイタッチ会が開かれたそうですが、私は早めに離脱していたので参加できませんでした。涙

でも、なかなかファームの試合もない道北での試合が中止した時にこういったファンサービスが行われたのはいい事ですね。

子どもとかは思い出に残るだろうし、また試合を見に行きたいと思うでしょうね。

そして、今回の試合に行って思ったのは、ファームの試合でこれだけ盛り上がるのはなかなか関東ではなかったのと、お客さんの年齢層が子供からご老人の方々まで幅広かったことです。

久しぶりの試合というのもあると思いますが、「北海道」日本ハムファイターズが本当に根付いているんだなと思いました。




2017年08月16日

【巨人】決めた‼︎ 阿部2000安打

3D0591D1-E4D3-477B-B418-7B4D423D4E2D.jpg

8月14日(月)スポーツ報知一面より、記事抜粋

巨人・阿部が史上49人目の2000安打を達成した。
王手をかけて迎えた広島戦、3打席無安打で迎えた9回1死からの第4打席、今村から鮮やかなライナーで右前に運び、プロ17年目で金字塔を打ち立てた。
巨人の生え抜き選手としては、1980年の柴田以来37年ぶりの大台となった。


今シーズンは2000安打到達する選手が多いシーズンです。
あと内川選手や鳥谷選手も今シーズン中に達成しそうですね。

ちょっと驚いたのは巨人生え抜き選手での2000安打達成は柴田さん以来だったとは…
FA制度で球団を移る事がごくごく普通になった事もあるのでしょうね。


そして、野手の2000安打は増えていますが、投手の200勝が難しくなっているようですね。

私が生きてる間に国内だけで200勝達成出来そうなのは菅野選手ぐらいかな〜


2017年08月12日

ファイターズカレー

91F82028-7489-405B-912E-E0CDDFBA8D83.jpg

お盆休み初日です。

今日は士別市ふどう球場で開催されるイースタンリーグ公式戦、日本ハムファイターズ対読売ジャイアンツ戦を見に行きましたがっ…

雨の為に中止になってしまいました。涙

で、試合開始が1230だったので、球場の外で売っていた「ファイターズカレー(¥650)」を食べました。

キーマカレーっぽいひき肉の入ったルーと日本ハムのソーセージが入っていました。

子どもでも食べられるように、そんなに辛くはなかったです。

つーことで、完全喫食した瞬間に試合中止のアナウンスが流れました。涙


2017年08月05日

トレード 開幕後4件成立

8月1日のスポーツ報知、プロ野球面から記事抜粋です。

プロ野球の今季中のトレードと新規契約が可能な期間が7月31日に終了した。
開幕後のトレードは4件で、中日が日本ハムから谷元を、楽天は巨人からクルーズをともに金銭で獲得した。
ヤクルトと日本ハムの間で杉浦と屋亘が、DeNAと日本ハムの間で黒羽根とエスコバーがそれぞれ交換で移籍した。

外国人選手は2年ぶりの日本球界復帰となったロッテのペーニャら8人が入団し、川崎は米球界から6年ぶりにソフトバンクに復帰。
14人が育成選手から支配下選手に昇格した。

戦力外などにより契約を放棄された選手を他球団が獲得するウェーバー移籍は、8月1日以降も可能となっている。


開幕後のトレードは思っていたよりも少なかったですね。
でも、日本ハムが積極的にトレードをしています。
日本ハムは球団自体にあまり予算がないようで、一流選手になって年俸が高くなったらFAで流失させていますね。

でも、外国人選手のトレードも珍しいのですが2件も成立しているんですね。




2017年08月02日

【日ハム→中日】中日 谷元獲得

7915709E-07CF-41E1-AEE9-5F93E7810068.jpg

1日(火)のスポーツ報知、プロ野球面からです。(記事抜粋)

中日はシーズン中の移籍期限となる31日、日本ハム・谷元投手を金銭トレードで獲得したと発表した。
背番号は60。年俸は据え置きの1億円。


結構、びっくりのトレードでした。
谷元投手自身も遠征先で通告され「驚いてびっくりした。」とのこと。

ここ数年の日ハムの中継ぎを支えてきた谷元投手を金銭トレードで放出するとは…ちょっと理解に苦しむところです。

年俸1億と結構貰っているので、人件費を節約してるのかな、
8月ですが、日ハムには秋風が吹きはじめたようです。

ちなみに谷元投手も我が「第3新東京フューチャーズ」の選手で回復力が26なので、中継ぎとして大車輪の活躍をしています。


2017年07月28日

【巨人→楽天】電撃トレード!! クルーズ楽天

454ADA80-3AF8-4D65-924D-C039F81AEC82.jpg

昨日(27日(木))のスポーツ報知からです。(一部、記事抜粋)

楽天は26日、巨人のクルーズ内野手を金銭トレードで獲得した。
単年契約で、巨人と結んだ約2億4000万の年俸を引き継ぐ。
背番号は「67」となり、ソフトバンク戦にさっそく6番・遊撃で先発出場した。

2年契約の2年目だったクルーズは外国人枠の関係で1軍出場は9試合のみ。

ファームでは48試合で、3割5厘、10本塁打ながら昇格できず、出場機会に飢えていた。


これはいいトレードになったと思います。
巨人に居ても出場機会が無ければ仕方がないし。

打撃はあまり期待できませんがセカンドとショートを守れるのはいいですね。

ベストプレープロ野球では我が第3新東京フューチャーズの5番、セカンドで出場しています。

トレード期間ももうすぐ終わりに近づいてきて、活発化してきました。




2017年07月25日

【楽天】 1040日ぶり 久保勝った

56D3D755-0C99-465E-80D4-DD8DA4C7A9F3.jpg

24日(月)スポーツ報知最終面から(記事抜粋)

9回に3番手で登板し、3者凡退に抑えた久保は、巨人時代の2014年9月17日、広島戦以来1040日ぶりの白星をつかんだ。
今春キャンプ中のテストを経て入団した37歳は「この1勝は一生思い出に残る、一番うれしい1勝かも」と感無量だった。

巨人では2011年、20セーブを挙げた実績を持つ。
2015年に戦力外通告を受けて横浜に移籍したが、2年連続で戦力外。
チームはなかなか見つからなかった。…


戦力外通告を受けた選手をチェックしていましたが、久保投手が楽天と契約できるとは思っていませんでした。

でも、こうして優勝争いをしているチームの一員として勝ち星を挙げたのは嬉しいですね。

投げた回にサヨナラホームランという劇的な勝ち方というのもドラマチックです。


2017年07月21日

ベストプレープロ野球2017シーズン(41試合終了)

BF1C3B4E-8FE6-496F-AB6B-0F8F5FA8980D.jpg


土日の午後に某ショッピングセンターのフードコートの隅でコソコソとリーグ戦をこなしています。

で、5月の時点で各チームのファームに居た選手で編成した「第3新東京フューチャーズ」は何と2位に4.5ゲーム差をつけての首位です。

チーム打率は.274でトップ
チーム防御率は3.34で2位
チーム本塁打は45本でトップ
得点は188点でトップ
失点は141点で2位

これなら首位は固いですね。

個人成績では
投手では唐川と山口が5勝でリーグトップ
打者では大谷が打率.408、10本塁打、39打点とホームラン以外はリーグトップです。

ただ…何故か埼玉西武ライオンズとの相性が悪くて3勝5敗1分です。

反対に開幕前では一番の強敵と考えて居たライブドアフェニックスに7勝2敗と勝ち越ししています。
ライブドア自体も予想より苦戦していて4位です。


2017年07月13日

日ハム対巨人戦チケット購入

AD56680C-B02D-43A3-931D-48E3ECB99DEB.jpg

8月12日(日)に士別市ふどう球場で開催されるイースタンリーグ公式戦、「北海道日本ハムファイターズ 対 読売ジャイアンツ」戦のチケットを購入しました。

横須賀での経験からチケット代は1000円ぐらいだろうと思っていましたが…

内野バックネット裏(自由席)で3000円でした!汗


あの…ファームの試合ですよね。
2軍戦ですよね。汗


大谷とか中田とかレアードや慎之介、村田、マギー、菅野は試合には出ないんですよね。笑


でも、ピノ(藤村)は見られそうだな。
イイのか悪いのか何とも言えないです。


2017年07月08日

【中日】岩瀬12年ぶり月間MVP

025430AA-FB59-48AE-AE5B-46C804622E68.jpg

今日(8日)のスポーツ報知プロ野球面から(記事抜粋)

セパ両リーグの6月度「日本生命月間MVP賞」が7日に発表され、セは中日の岩瀬投手と広島の丸外野手、パは西武の十亀投手とソフトバンクの柳田外野手が選ばれた。

岩瀬は2005年4月以来、12年2ヶ月ぶり2度目の受賞で楽天・山崎内野手の10年11ヶ月を抜く史上最長ブランク。

岩瀬投手は「これ以上ない成績になったと思う。この年齢でもとれて、若い人たちに『やれるんだ』と示すことができた。」と胸を張った。


昨シーズン末から今シーズンにかけて、私は岩瀬投手は今シーズン末までには引退しちゃうのだろうなぁ〜と思っていましたが、見事に復活を果たしました。

強くて嫌らしいチームだった中日の中心選手でしたので、未だにベストプレープロ野球のデータでは使える選手です。

そーいえば、最近の中日の試合に今シーズン2000本安打を達成した荒木内野手が出場していないのが、少し心配です。


2017年07月04日

ベストプレープロ野球2017シーズン(30試合経過)

9DD72F36-B209-4891-95D2-DC9A9E342A17.jpg

ベストプレープロ野球2017シーズン開幕して序盤戦の30試合経過しました。

我が第3新東京フューチャーズは一応、首位です。

しかし、4位の広島カープまで1.5ゲーム差となかなか緊張感のある展開です。

リーグ戦ではライブドアフェニックスには勝ち越していますが、最下位の西武ライオンズに1勝5敗と苦手にしているようです。


チームは投手力も打撃陣も安定していますが、投手では杉内(巨人)が今イチです。
打撃陣では一時、陽(巨人)が調子を落としていましたが、少しずつ結果を出してきています。


ちなみにBクラスリーグの首位は巨人です。


これから夏のお盆休みにかけ、北の大地のショッピングセンターの2階のフードコートの片隅でアイスコーヒーを飲みながら楽しみたいと思います。


2017年07月02日

ベストプレープロ野球2017シーズン開幕前3

A6377F80-E0B3-4CA6-A3FE-3C96B00800F0.jpg

今回のシーズンでは、これまで編成していた「侍ジャパン」の編成を取りませんでした。

で、私のチーム(第3新東京フューチャーズ)を入れて12チームにするためには既存のチームで1チームをハズす必要性があります。

そこで考えたのが…球界再々編で楽天とオリックスを合併して、幻の「ライブドア フェニックス」を編成しました。

◯投手
先発:岸、金子、則本、松葉、辛島、山崎
中継ぎ:安楽、福山、吉田、海田
抑え:平野、松井

◯野手
捕手:嶋、伊藤、若月
内野手:銀次、西野、今江、安達、小谷野、藤田、高濱
外野手:吉田、岡田、駿太、島内、ペゲーロ、聖澤
指名打者:ウィーラー

楽天とオリックスのいいとこどりなので。かなり戦力的にはいいです。

優勝候補ですね。

と、言う事でベストプレープロ野球2017シーズン開幕します。





2017年06月28日

北の大地にプロ野球が来る!

BC842BB2-67B7-4D1C-A34B-91606807CDAA.jpg

注:写真は別の日に行われる試合のポスターですが、ほぼ同じデザインです。

北海道は北海道日本ハムファイターズがホームとしていますが、私の住んでいる北の大地では一番近くても旭川まで行かないと試合がありません。

日ハムのファームは千葉の鎌ケ谷市にホームグランドがあるので、ファームの試合もなく寂しい思いをしていました。


で、先日…士別でポスターを見かけてテンションが上がりました。

8月12日に士別市の球場でイースタンリーグ公式戦、北海道日本ハム対読売ジャイアンツの試合が開催されます!


半島の南側に住んでいた時にはベイスターズのファームの試合がありましたが、ジャイアンツ戦はなかなか観戦できませんでした。
開催されるのもお盆休み中なので前売り券を買って見に行きたいと思います。

久々のプロ野球観戦楽しみです。



2017年06月22日

ベストプレープロ野球2017シーズン開幕前2


ベストプレープロ野球2016〜2017シーズンが終了して今シーズンのデータで「第3新東京フューチャーズ」を編成してみました。

○野手編
・先発メンバー 相手投手が右投手の場合
相川(巨人)
一塁:ギャレット(巨人)
二塁:クルーズ(巨人)
三塁:川端(ヤクルト)
遊撃:川崎(ソフトバンク)
左翼:松本(巨人)
中堅:陽(巨人)
右翼:太田(日ハム)
DH:大谷(日ハム)

・控え選手
捕手:細川(楽天)
内野手:武内(ヤクルト)、前田(阪神)、寺内(巨人)、モレル(オリックス)
外野手:赤松(広島)、坂田(西武)


かなり偏りがあるかと思いますが…笑
優勝を期待できるメンバーだと思います。

で、野手の中で私のこだわりは…守備力です。その中でもなかなか居ないのが一塁手の守備力Bがなかなか居ないのです。

その条件をクリアできるのが…

CAF13F8B-49FF-4CE1-ACDE-AD02F27A95AD.jpg

ヤクルトの武内選手です。






2017年06月20日

ベストプレープロ野球2017シーズン開幕前


ベストプレープロ野球2016〜2017シーズンが終了して今シーズンのデータで「第3新東京フューチャーズ」を編成してみました。

○投手編
・先発
久保(横浜)、塩見(楽天)、唐川(ロッテ)、大隣(ソフトバンク)、山口(巨人)
・中継ぎ
南(ロッテ)、谷元(日ハム)、藤岡(横浜)、久古(横浜)
・抑え
安藤(阪神)、金刀(楽天)

今回の編成で一番の目玉は抑えの切り札が金刀です。



1E377441-815D-424F-8236-736067803D20.jpg




楽天の抑えは松井で金刀は2軍だったりしますが…データ的にはかなりいいのです。

金刀(楽天)
投:L
タイプ:Ls
球速:136km
切れ:A
制球力:C
安定感:A
球質:S
投球術:A
スタミナ:E

スタミナが若干不安ですが最終回の1回を任せるには充分かと思います。

チームとしての優勝と金刀のセーブ王を狙いたいと思います。




2017年06月17日

ベストプレープロ野球2016〜2017シーズン2(日本シリーズ第5戦)

FEE936AD-83DB-455A-B63A-0B52E26DF77B.jpg

この試合も筒香(横浜)の一発に泣きました。涙

日本シリーズMVPももちろん筒香です。
22打数9安打3本塁打7打点でした。

反対に戦犯はルナ(広島)です。
14打数0安打0本塁打2打点と全くの期待はずれに終わりました。

3B557379-09B2-49D0-9C33-AB015B05ABB3.jpg

さて、試合の方ですが…
先発投手は侍ジャパンが石田(横浜)、新東京が黒田(広島)です。

先制したのは侍ジャパン、2回表に鈴木(広島)がソロホームランで先制、4回表にはフィルダースチョイスで2点目をあげました。

侍ジャパンが同点に追いつかれた8回表には筒香(横浜)のツーランホームランで勝ち越し。

第3新東京フューチャーズは8回裏に3連打で1点差まで追い上げましたが、あと一歩及ばずに侍ジャパンが4対3で第3新東京フューチャーズを下し、日本シリーズを制しました。

○対戦成績は侍ジャパンが圧勝でしたが、第2戦以外は僅差の試合でなかなか面白かったです。
第1戦 J7対6NT
第2戦 J6対1NT
第3戦 NT4対2J
第4戦 NT2対3J
第5戦 NT3対4J

昨年のシーズンで引退した選手や自由契約になった選手で編成したチームが侍ジャパンとほぼ互角で戦えたのは痛快でした。


次は今シーズン開幕の段階で1軍に入っていない選手で編成する「フューチャーズ」でシーズンを戦いたいと考えています。
そして、今回は侍ジャパンは編成しないつもりです。

その場合、フューチャーズを編成する都合上、1チームを潰さないといけないので…

楽天とオリックスの再合併をしたいと考えています。
多分、優勝候補ですね。汗

もともとはオリックスブルーウェーブと近鉄バファローズから今のオリックスと楽天になったので、まぁそーなるかな〜と

こうやってチームを編成するのもベストプレープロ野球の楽しみなのです。