2017年06月15日

ベストプレープロ野球2016〜2017シーズン2(日本シリーズ第4戦)

142F5676-6C64-48A9-9037-F16EA97080BE.jpg

スポーツ新聞の一面風にすると…

「フューチャーズ 惜敗!」といったとこでしょうか。
フューチャーズ投手陣は先発の田原(巨人)が3回2/3を6安打3失点で降板した後は香月(巨人)〜相原(楽天)をワンポイントで繋いで、岩田(中日)が第2先発として5〜8回の5回を3安打無失点で耐えていました。

打線は6回に侍ジャパン先発の野村から2点を奪うも7回で5安打と抑えられました。
8、9回は侍ジャパンのリリーフの秋吉(ヤクルト)に2回を1安打3奪三振と抑えられゲームセット。

侍ジャパンが3対2で日本一に大手をかけました。


2017年06月14日

オートスポーツ No.1458

5E7F6ABB-3954-474A-847E-ACCB5CBDA82D.jpg

待ちに待ったオートスポーツ最新号は佐藤琢磨選手のインディ500制覇が表紙です!

どうやら関東地区では売り切れもあり得るとの情報もあったので、北の大地のイオンに入っている本屋さんに予約したら、何と入荷が1冊のみでした。汗

購入前に棚を見たら、本当に1冊も置いてありませんでした。

予約して購入しておいて本当によかったです。
そして、日本のモータースポーツの歴史的な出来事である佐藤琢磨選手のインディ500制覇のオートスポーツは保存したいと思います。



posted by ugougo-ukyo at 07:56| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

ベストプレープロ野球2016〜2017シーズン2(日本シリーズ第3戦)

A65FB7DB-C854-4F8F-A3D3-1F74E467004D.jpg

ベストプレープロ野球2016〜2017シリーズシーズン2の日本シリーズ第3戦は1日の移動日を挟み、第3新東京スタジアムでの開催です。

先発投手は侍ジャパンが石川(ロッテ)、新東京が三浦(横浜)です。

先制したのは侍ジャパンで初回に筒香(横浜)のツーベースタイムリーヒット、2回には柳田(ソフトバンク)のソロホームランで2点目を挙げました。

新東京は粘り強くウルトラスモールベースボールで2回裏のモレル(オリックス)のタイムリーヒット以外はすべてスクイズでの得点で4点を取って逆転。

投げては先発の三浦〜相原(楽天)〜福原(阪神)〜高木京(巨人)〜ミコライオ(楽天)と継投で逃げ切りました。

対戦成績は新東京の1勝2敗となりました。

この試合では侍ジャパンの当たっている筒香に左ピッチャーを当番させて4打数1安打1打点2三振と要所を抑える事ができました。

2017年06月12日

ラーメン(672杯目)

A6F286C6-A751-444C-B42A-A7F20B70F040.jpg

旭川市旭神にある「ゑびす屋」で「油そば並盛(¥500)」を食べてきました。

久しく、油そばとかつけ麺などを食べていなかったのでネットで調べて、見つけたのがゑびす屋さんです。

今回はトッピングのオススメ!で温玉(¥100)をつけてみました。


ラーメン、つけ麺、油そばもありますがぎょうざもオススメのようです。

次はつけ麺を食べてみようかと思っています。



posted by ugougo-ukyo at 07:38| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

ベストプレープロ野球2016〜2017シーズン2(日本シリーズ第2戦)

D3F0129D-48B6-459A-81F9-76D2A108BD85.jpg

ちょっと期間が開きましたが侍ジャパンと第3新東京フューチャーズとの日本シリーズ第2戦です。

先発投手は新東京が木村(ロッテ)、侍ジャパンが田口(巨人)です。

侍ジャパンは2回に秋山(西武)のタイムリーヒット、3回と5回には筒香(横浜)の2打席連続2ランホームランで追加点を上げ、7回には内川(ソフトバンク)がダメ押しのソロホームランと打線が効率的に得点を挙げました。

新東京は7回に内野ゴロの間に1点を取っただけで5安打と打線が沈黙。

侍ジャパン先発の田口が9回を5安打1失点と完投勝利。

対戦成績を侍ジャパンの2勝としました。


2017年06月10日

高機動車のミニカー発売

A507F48C-86F6-4125-8C27-B4A7AB1EC48A.jpg

毎週、ミニカー屋の新製品の情報がメールマガジンで送られてくるのですが、時々大変驚いたり、物欲を刺激されたりします。

で、今回は1/43の高機動車のミニカーですが…ちゃんと名板がついているのもよく出来ているな〜と思いますが、所属部隊が第12旅団隷下の第48普通科連隊重迫撃砲中隊とまたマイナーでかつ、私が住んでいた榛東村の部隊でびっくりしました。

お値段は¥8,996とちょっとお高めですが、欲しい人はたまらない商品でしょうね〜

私は…我慢します。笑



posted by ugougo-ukyo at 16:28| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

【西武】木村昇 支配下契約即デビュー

9DF72466-7029-4CDB-A654-C6A9C2091A30.jpg

今日(9日(金))のスポーツ報知のプロ野球面から記事一部抜粋

西武は8日、育成の木村内野手と支配下契約を結んだ。
背番号は支配下だった昨年と同じ「0」。
さっそくこの日の巨人戦で出場選手登録され、「9番・三塁」でスタメン出場。
ところが、「0」の新しいユニフォームが間に合わず、育成の「121」のままプレーする珍しい事態となった。

木村昇は昨年大けがを負い、今季は育成契約でリハビリに努めていた。
故障が回復したことから、内野の全ポジションをこなすユーティリティプレーヤーとして球団は支配下復帰を検討。
レギュラー三塁手の中村が故障で先発を回避したこともあり、この日の契約→即1軍が決定した。


私は巨人ファンなので【13連敗】の話題を記事にしようと思いましたが、今回の木村昇内野手は私のライフワークのベストプレープロ野球で私が編成した「第3新東京フューチャーズ」の2番、ショートでレギュラーでしたので、お祝いの意味も含めての記事にしました。

ゲームのデータ上の木村内野手もやはりユーティリティプレーヤーでファーストC、セカンドB、サードB、ショートBと守備では申し分なく、また左バッターで巧打力もBと2番打者としては使いやすい選手でした。
これで走力がBであれば、申し分ないのですが、残念ながらCでした。

ともかく、大けがから支配下、1軍登録となった木村内野手の今シーズンの活躍を注目したいと思います。


2017年06月08日

ベストプレープロ野球2016〜2017シーズン2(日本シリーズ第1戦)

4BCB00E4-E62D-44BC-968F-5E7D33BBBE02.jpg

シーズン最終戦で劇的に優勝を決めてからの【侍ジャパン】との日本シリーズ第1戦です。

先発投手はフューチャーズは黒田(広島)、侍ジャパンは菅野(巨人)です。

4回裏の段階でNT1対6Jと勝負は決まったかと思っていたら…完投を目指す菅野から少しずつ点を取って9回表に同点に追いつきます。

フューチャーズは黒田〜香月(巨人)〜武田勝(日ハム)〜福原(阪神)〜相原(楽天)〜ミコライオ(楽天)〜高木(巨人)と継投しましたが延長13回に筒香(横浜)の二塁打、柳田(ソフトバンク)の犠牲フライでサヨナラ勝ちとなりました。


初戦からなかなかいい試合が出来ました。
がっ…ピッチャー使いすぎてしまったので次の試合が厳しいな。

意外だったのは9番センターで起用した柴田(阪神→ロッテ)が6打数4安打と活躍しました。
チームのラッキーボーイになってくれるとよいのですが。


2017年06月07日

プレオ燃費編(その14)

44B9F3EC-5248-47C3-875C-8F8536DFCEC7.jpg

・走行距離:591.8km
・給油量:28.05L
・燃費:21.10km/L(+4.11km/L)
・ガソリン価格:¥124.8(¥±0)

今回は主に北の大地から新千歳モーターランドへの往復(約460km)と普段の通勤分の燃費です。
新千歳モーターランドへの往路は一部高速を使用し、帰路は下道を使用して帰ったので燃費が良かったです。

過去の分は未確認ですが最高記録を更新したのではないかと思います。



posted by ugougo-ukyo at 04:25| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 「雑感」と逝ったとこで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

第3新東京フューチャーズ逆転優勝!

9AC40F49-24A5-4E4B-9F1E-FCE518757209.jpg

シーズン終盤で突如盛り上がったベストプレープロ野球2016〜2017シーズン2、Bクラスリーグは最終戦で中日ドラゴンズが広島カープに0対13と完敗の結果…

我が第3新東京フューチャーズが逆転優勝を決めました!

7F93E534-14E2-4002-A056-08FED97B7329.jpg

なかなかない展開でした。
中日ドラゴンズ、埼玉西武ライオンズと東京ヤクルトスワローズとはほぼ互角でしたが、広島カープに4つとヤング侍ジャパンに9つ勝ち越したのが勝因の1つで、もう1つは中日ドラゴンズよりも引き分けが多かった事が逆転優勝に繋がったと思います。

この後はAクラスリーグをぶっちぎりで優勝した侍ジャパンとの日本シリーズですが…汗

勝てる気がしない。笑

侍ジャパンは日本を代表するチームで我が第3新東京フューチャーズは昨シーズンに引退したり、自由契約になった選手で構成されています。

圧倒的な戦力差でどこまで張り合う事ができるか…楽しみです。